お尻の黒ずみを改善して美尻を手に入れよう!

あなたは美尻の持ち主!?
美尻の条件は形だけじゃなくて
キレイな肌であることです!

あなたのヒップはどうですか?

デスクワークのかたはもちろん、汗をかきやすい人も
ヒップに黒ずみが出来ていたりするんですよ(T_T)

前回は脇の黒ずみを解決する方法について紹介しましたが、
今回は黒ずんでいると汚く見えてしまうお尻の黒ずみについて紹介します。

 


絶対に相談できないヒップの悩み

お尻の黒ずみに悩む

ふとお風呂の鏡でお尻を見ていたら黒ずみや吹き出物で汚い!!

なんて経験ありませんか?
意識しないと見えない部位だからか、黒ずみがひどくなった状態になるまで気が付かない方が多いトラブルです。

しかも、座りっぱなしのデスクワーカーさんや、汗をかく仕事をしている人に多いトラブルなんです(T_T)
今回は黒ずみがおきる原因を排除して、正しいケアの仕方を学んでくださいね♪

最近、間違ったケアをしてしまってお尻がかぶれてしまったり、黒ずみが悪化してしまった方が多いのでくれぐれも間違ったケア化粧品じゃないものを使用して無理やり黒ずみを消そうとしないでくださいね(´・ω・`)

 


黒ずみの主な原因

刺激を受ける

 

黒ずみはお尻に刺激を受けることが原因です。下着や衣服の摩擦を受けると刺激になってしまいます。

摩擦が発生して刺激を受けると、私たちの身体は防御反応が働きメラニンを放出させます。そのメラニンが体内にとどまることで皮膚が黒ずんで見えたり、シミとして肌に定着してしまう現象がおきます。

 

皮膚が乾燥する

身体が乾燥する

お風呂上がりにお尻にまでしっかりとクリームを塗っていますか?

ハンドクリームのようにまめに塗ることが出来ないのでお風呂上がりのクリームは怠らずに保湿しましょう!

お尻だって乾燥すると皮膚がごわごわと固くなり、くすんでしまいます。

また、スクラブや垢すりを使っている方は要注意!
スクラブや垢すりでこすること自体が刺激になっていますが、これらは余分な角質を取って肌をきれいにしています。

余分な角質が取れるとつるつるになってきれいになったように感じますが、肌は摩擦と乾燥のダブルパンチを受けています!
まず、垢すりタオルを使ったりスクラブでこすることが摩擦の刺激としてダメージになるのです。

それから余分な角質を取っていると思いがちですが、きれいになるからと言ってまめにケアすると角質の取りすぎで肌が乾燥したり、炎症が起きやすい程薄い肌になってしまいます!

その為、垢すりやスクラブは決められた使い方をしましょう(^^)

 

ホルモンバランスの影響

ホルモンバランスの影響

女性の身体はホルモンバランスの影響で肌に色々なトラブルを起こします。その影響の一つに黒ずみがあります。

妊娠、出産をした女性は経験があるかもしれませんが、妊娠すると正中線が黒ずんで現れたり、ワキが黒ずむことがあるんです。
この具体的な原因は分かっていませんが、出産してホルモンバランスが元通りになると大体の方が消えます。

日ごろから生理不順ホルモンバランスが乱れているかたは基礎体温をチェックし、婦人科へ行きましょう。

基礎体温は専用の体温計で高温期と低温期の2層に分かれているかチェックしておくとホルモンバランスの状態が分かるのでおすすめです。

おそらく何もしないで婦人科へ行っても基礎体温を3ヶ月ほど記録してから再受診をするように勧められるので、あらかじめ準備をしていくとスムーズに診察してもらえます(^^♪

 


座りっぱなしは危険!

座りっぱなしは危険

デスクワークの方や、通勤で自転車を使う方など座る時間が長ければ長い程お尻に刺激を受けます。お尻の皮膚は敏感ではないですが、刺激を受ける時間が長いため黒ずみが発生しやすい場所なんです。

刺激を受けた場所の皮膚は肌を守ろうとする為にメラニン色素を生成します。このメラニンが代謝不足などで蓄積してしまうと黒ずんで見えるのです。さらに座りっぱなしだと通気性が悪くなり、ニキビやかぶれがおきます。なかには肌が固くなりごわついてしまう方もいます。

対処法として座りっぱなしの方は通気性の良い下着を着用したり、座布団をしいてお尻にかかる負担を軽減させましょう。

 


通気性の良い衣服を選ぼう

 通気性のいい衣類を着よう

デスクワークでなくても汗をかきやすいかたは洋服に気を付けましょう。ユニホームがポリエステル製、ナイロン製だと通気性が悪くムレてニキビができやすくなってしまいます。ユニホームが決まっている場合など衣服が選べない時は、下着を変えましょう。

直接肌に触れる下着は通気性の良い綿でできた下着がおすすめです。最近ではオーガニック生地というものもあるのでデザイン性よりも肌への負担を考えた下着選びをしましょう。

 


保湿はしっかりと!

保湿をする

お風呂上りの保湿は腕と足だけで満足してませんか?

乾燥しているとお尻の皮膚は固くごわつきやすくなってしまいます。かさかさで黒ずんだお尻はキレイとは言えないのでお尻もしっかり保湿をしてくださいね♪

特に冬場は乾燥しすぎて痒くなってしまうこともあります。掻きこわすと肌が黒ずんでしまうこともあるので気を付けましょう。

 


お尻の黒ずみの改善法

代謝を高める

代謝を高める

お尻の黒ずみを治す方法として代謝を高めることがあります。
代謝が促進されると、黒ずみの原因であるメラニン色素が蓄積しずらくなるんです。代謝を高める方法として、岩盤浴やサウナなどがあります。最近では入浴施設に岩盤浴がある所もあるので、美肌の効能があるお風呂に入って岩盤浴で代謝を高めるのもいいですね♪

 

ピーリングをする

黒ずみを改善する為にピーリングをする

皮膚科やエステでピーリングをしてもらう方法もあります。
実際にエステのお客様でもお尻のエステをされる方はたくさんいらっしゃいました。ピーリングをすると固くなった皮膚が柔らかくなったり、ニキビができにくくなります。

その他にもピーリングをすると美白効果があるのでヒップ全体のくすみが取れて人気があるエステでした。

 

美白化粧品を使う

美白化粧品を使う

まめに岩盤浴に入ったり、エステやクリニックでピーリングをするのが難しい方は美白化粧品を使う事をおすすめします。美白化粧品なら保湿クリーム代わりに使えるしコスト面でもピーリングよりも安く済みます。

美白化粧品っていっても、どの成分が入っているとお尻の美白に効果があるの?

という質問があったので答えます!
コラーゲンやヒアルロン酸入り!という成分は目にしたことあるかと思いますが、これらはアンチエイジングや保湿効果のある美容成分にしかすぎません。

美白効果が期待できるのはプラセンタエキス、ビタミンC、ハイドロキノンです!

ビタミンAもシミを拡散する効果が含まれているのでおすすめですよ(^^)/

このように美白化粧品といっても種類が沢山あるので口コミサイトなどを参考に探すと人気商品が分かるので活用してみてはいかがですか?

 

ちなみに、私が調べた中だと、イビサクリームが口コミで人気でした。

イビサクリームはハイドロキノンという、医療でも使われている成分が含まれています。ただ、医療用と比べて濃度が低いのですがその分、肌への負担が少ないので安心して使うことが出来ます。イビサクリームはデリケートゾーン専用として作られていますが、黒ずみがある箇所ならどこでも使えるそうです。

また、60日間の返金保証がついているので肌に合わなかったり、気に入らなかったら返品できるのでお試し感覚で使うこともできます。

良かったらお試ししてみてください♪

 


まとめ

お尻の黒ずみについてのまとめ

いかがでしたか?

お尻の黒ずみは人に見られたら恥ずかしい箇所なので、一人で悩んでる方もいるのではないでしょうか?また、今まで気にしたことがなかった方もこれを気にチェックしてみてください。

黒ずみは1度出来たらなかなか治らないので早めにケアすることをおすすめします(^^)

次回は膝の黒ずみについて紹介します♪

膝もどんなにキレイでも黒ずんでいたら台無しですよね(T_T)
そんな膝の黒ずみが発生する原因を紹介します。

 

新しい記事はFacebookやTwitterでご案内します!

 Facebookのいいね!(このまま下に進むといいね!ボタンがあります)やTwitterのフォロー(こちらをクリックするとESUTERAVIのTwitterをフォローできます)もよろしくお願いします。


お尻の黒ずみついてのお問い合わせ、ご質問は当サイトの最下部にあるお問い合わせフォームよりお願いします♪

 

 

カテゴリ:黒ずみ解消法

↓「いいね!」で更新情報がチェックできます!↓

Comments are closed.