冷えを改善して健康美を手に入れよう!

身体の冷えに
気づいていますか?

冷え性は手足の末端だけに起こるものではありません!

夜、寝つきが悪いのも
朝、起きるのがつらいのも
冷えが影響しているからかも?

冷えを改善すると
身体だけじゃなく
美容にも健康にも良いということについて紹介します。

 


心当たりがある人は要注意!

心あたりのある人は要注意

昔から冷えは万病のもとと言われていますが、まさにその通りですね。冷えの原因を上げてみると現代人に多い生活習慣病の原因と非常に似ています。

特に、運動不足、睡眠不足の方は気づかないうちに体質を変えてしまうほど身体に影響を受けていることをご存知ですか?

 


睡眠不足、運動不足

理想的な睡眠時間

理想的な睡眠は6時間半~7時間半といわれていますが、あなたはどうですか?朝、6時半に起きている人は深夜12時から1時の間に眠ることが理想です。


睡眠は身体を休めるだけでなく成長ホルモンを分泌するという非常に大切な役割があります。成長ホルモンは名前の通り身体の成長を促す為のホルモンです。
しかし、成人した私たちにあまり関係ないかと思われがちですが、そんなことありません。成長ホルモンは筋肉の強化や代謝をコントロールする効果があります。つまり、身体の血液循環が良くなりダイエット効果につながります。

 

最も多く成長ホルモンが分泌されるのは睡眠から30分~1時間後のノンレム睡眠のときです。ノンレム睡眠時に成長ホルモンが分泌されて身体の機能が正常に保たれます。

運動不足

更に気を付けてほしいのが睡眠不足と運動不足の方!
運動不足だと筋肉が低下します。筋肉は身体の熱を作り出す機能を果たしています。脂肪を燃焼させたり、身体の血液循環を良くする働きをしているのです。


運動不足と睡眠不足が重なると筋力が低下し、冷えだけじゃなく免疫力が低下します。免疫力が低下すると風邪をひきやすくなったり、病気にかかりやすくなってしまうので心当たりがある方は早急に冷え対策を行いましょう。

 


体内から冷えを予防しよう!

チェックボックスお腹や腰、太ももが冷たい

チェックボックス平熱が低い

チェックボックス冷たい飲み物が好き

 

この項目は、体内から冷えている人の特徴です。心当たりがある方は要注意!

冷えているからって防寒対策をしてもあまり効果がないって知ってましたか?確かにその時の寒さは予防できるかもしれません。しかし、内臓や身体の中は冷えたままです。体内が冷えている人は食べ物や飲み物にも気を使いましょう。

 


冷え性改善レシピ

玉ねぎスープ

【用意するもの】
水・・・・・・・・・300cc
たまねぎ・・・・半分~1個
生姜・・・・・・・適量(チューブなら5cmくらい)
ニンニク・・・・適量(チューブなら1.5cmくらい)
たまご・・・・・1個
くず粉・・・・・大匙1弱

【作り方】

  • 鍋に水(300cc)と玉ねぎをスライスしたのもを入れ煮たたせる。
  • 玉ねぎに火が通ったら生姜、ニンニクを入れる。
  • 味付けにコンソメ、中華スープの素などをお好みで加える。
  • たまごを溶いてたまごとじにする。
  • 水で溶いたくず粉を入れてとろみをつけたら出来上がり。


すごく簡単な玉ねぎスープは身体が温まるし、玉ねぎには疲労回復や精神安定、不眠解消、高血圧などを和らげる効果があります。栄養満点な玉ねぎと生姜で身体を芯から温めてくれるスープです。

できれば生姜やニンニクはそのまま販売されているものをおすすめしますが、ささっと作りたいときにはチューブがおすすめですよ~(^^)/

しかも、たまご、くず粉、にんにくは免疫機能を向上させる効能があるので風邪の予防にもなります。
 

毎日、自炊をするのが難しい方やお手軽に体内から冷え予防がしたい方は生姜が主成分のサプリメントなどをとると良いと思います♪
なにかよさそうなものを探してみたら口コミで人気があったしょうがでキュッとというサプリメントを見つけたので調べてみました(^^♪こちらも良かったら参考にしてみてください。
むくみ、冷えを改善して体内美人になれるしょうがでキュッと

 

 

ブログランキングにも参加しています♪
ぽちっとクリックしていただけると、更新の励みになります☆
↓   ↓   ↓

↓「いいね!」で更新情報がチェックできます!↓

Comments are closed.