たるみをなくす若返りのエステ

フェイスラインがなくなっていませんか?
頬の位置、ほうれい線、フェイスライン。

この3つがたるむと一気に老け顔になってしまいます。

前回の記事ではたるみ、シワの原因についてのお話しでした。
今回はエステ選びのポイントとしてたるみ肌向けのエステとセルフケアについてお伝えします。

エステとセルセルフケアはセットで行うと効果が出やすいのでお勧めです。

 


たるみ肌向けのエステ

たるみ肌向けのエステ

  • リフトアップマッサージ
  • フォトフラッシュ
  • 骨格矯正
  • 顔のEMS(筋肉運動)
  • アンチエイジングエステ

 

これらのエステはたるみ肌の改善につながります。リフトアップマッサージはたるんだ皮膚を引き上げるようなマッサージです。特に目元、フェイスラインのたるみに効果が出やすいです。
フォトフラッシュは肌の再生を促す効果があります。細胞が生まれ変わることによってコラーゲンを蒸発させないようにします。骨格矯正は顔のゆがみを矯正するエステです。ゆがみが原因で引き起こるたるみを改善します。

顔のEMSというのは高周波を使った筋肉運動です。加齢が原因で筋力が落ちている方にお勧めします。筋力を鍛えるので、法令線や二重あご対策にもなります。アンチエイジングエステはその名の通り、エイジングケアに特化したエステです。抗酸化作用のある化粧品を使用したり、肌の代謝が高まるようなマッサージをします。

 


エステの選び方のポイント

たるみ肌向けのエステでは機械を使い、マッサージをするケアが多いです。エステ選びのポイントとして、骨格矯正や造顔マッサージなどの筋肉に働きかけるケアをしているサロンがおすすめです。エステサロンでリフトアップマッサージやアンチエイジングエステは定番のケアです。しかし、筋肉に働きかけるケアは取り扱っていないサロンもあります。エステは組み合わせてケアができるので、アンチエイジングエステと骨格矯正でエステをすると効果が出やすいです。

 


エステと一緒にセルフケアも忘れないで!

セルフケアもしっかり行いましょう

エステに行きながらセルフケアをすることで、エステの効果を少しでも長く持続させます。たるみを改善するためのセルフケアとして大前提に、自分お肌に合った基礎化粧品を使用してください。あなたの使っている化粧品はどうですか?たるみを気にしているのにさっぱりタイプの基礎化粧品など使っていませんか?特にたるみ肌におすすめなのはエイジング化粧品です。エイジング化粧品とは肌が衰えやすい年代に向けている化粧品です。アンチエイジング効果のある成分が入っています。
 

基礎化粧品を塗る時は下から上に引き上げるように塗る

たるんでしまっている肌を上から下に引き下げるようなことはしないと思いますが、基礎化粧品を塗る時は上に引き上げるように塗りましょう。

 

クリームや乳液を使いながらマッサージをする

マッサージはあご先から親指の腹を使って耳の下に老廃物を流します。この時あごの裏の骨に親指をひっかけてそのまま強めの力で骨の際を通って耳の下に流すのがコツです。頬のたるみ、法令線が気になる方はあご先で手を合わせます。そのまま指先から少しずつ手を開いてあご先からこめかみまでさすります。さすりながら手根でたるんだ頬を引き上げながら行ってください。頬のマッサージは強くこすると摩擦が刺激になってしまうのでやさしめに行います。

 

セルフケアは毎日しましょう!
ただし、肌がヒリヒリと感じるときや、ニキビができている時は刺激が強いので控えてください。

次の記事ではゆがみが原因で引き起こるたるみについてです!ゆがみは気にかける事が改善のカギ!?

 

ブログランキングに参加しています♪次の記事を見る前にぽちっとお願いします!
↓   ↓   ↓

 

↓「いいね!」で更新情報がチェックできます!↓

Comments are closed.