乾燥肌はあらゆる肌トラブルの始まり

日焼け直後のケアで
今後の肌が決まるって
知っていましたか?

紫外線を浴びたその瞬間から
肌の老化は始まります。

紫外線による肌トラブルの多くは乾燥が原因です。
放っておくと恐ろしい乾燥肌について紹介します。

前のページで紹介した
乾燥肌チェックは試してみましたか?
※まだチェックしていない方はこちらからどうぞ♪
 ⇒乾燥肌チェックをする

このページでは乾燥肌の原因と
乾燥による肌トラブル、乾燥肌対策について紹介しています♪

よかったらこの冬の乾燥肌を乗り切る参考にしてみてください(^^

 

 


 

 


乾燥のきっかけは夏

乾燥のきっかけは夏

みなさんは肌が乾燥し始めるのはいつからか知っていますか?
最近では1日の大半を冷房の効いた室内にいる事が多いので夏でも乾燥するかと思いますが、夏と言えば汗をかいて乾燥とは正反対のイメージがあるかと思います。


確かに夏は湿度も高いので乾燥しにくいのですが、日焼けをすることによって肌を乾燥させているのです。いくら日焼け対策を万全にしていても、紫外線は地面からの反射や室内にいても窓ガラスをも透過するので完全に防ぐことはできません。


特にUVA(紫外線A波)といわれる種類の紫外線は浴びたその時から肌の潤いや弾力を保つコラーゲンエラスチンヒアルロン酸を破壊し始めます。

これらの細胞を一気に壊すのではなく、じわじわと破壊するのでその影響が出始めるのは秋から冬にかけてです。その為、夏の紫外線がきっかけで冬に乾燥しやすい肌になってしまうので、お出かけの後はしっかりと保湿をしましょうね♪

 


冬の乾燥肌

冬の乾燥

冬になると誰しもが乾燥を感じると思いますが、それは気温が下がると大気上の水蒸気を含む量が減るからです。
日本は地形が複雑なので空気が乾燥しやすい地域とそうでない地域があります。

特に湿気を含んだ風が入ってこない関東地方は空気が乾燥しやすいので、関東地方の方は要注意です!


私の家では時計と湿度計がセットになっているものを愛用していますが、湿度が40~60%を保っていると快適な室温と言えます。湿度が低いのは冬のイメージが強いですが、家にある湿度計を見ると梅雨の時期や雨の日以外はほとんど50%を下回っています。今の時代はどこでもエアコンが効いているので一年中乾燥しているといってもいいでしょう。


空気が乾燥することで私たちの身体は水分不足になってしまいます。一番ダメージを受けるのは何も身にまとっていない肌です!

 


乾燥が原因の肌トラブル

肌トラブルには色々な要因が重なっていることがほとんどです。乾燥そのものが肌トラブルですが、乾燥はほかの肌トラブルの引き金になってしまいます。乾燥によるトラブルで多いのが敏感肌になってしまうことです。

 


バリア機能の低下

バリア機能が低下すると

乾燥すると肌を守っている皮脂膜が奪われます。皮脂膜の役割は肌内部の水分を外に蒸発しないようにし、外部からのほこりやアレルギー物質の侵入をブロックする事です。
 

この皮脂膜がなくなると皮膚が水分をためておけなくなり、細胞と細胞の間の水分が奪われ乾燥していく一方です。細胞間の水分はセラミドと言い、第2のバリア機能と言います。皮脂膜がなくなってしまうとセラミドも減少し、ハウスダストやダニの死骸、ほこりが皮膚に侵入してしまいます。


侵入が防げないがために、アレルギーを引き起こすこともあります。外からの刺激をブロックできないと、肌に触れることができないくらいヒリヒリする恐れがあります。

わたしも1度ひどい乾燥を経験したことがありますが、何をしてもヒリヒリして痛いんです!手を触れるのも痛いし、化粧水を塗るのも、クリームもしみてストレスを感じるほどです。そこまでひどくなると乾燥肌ではなく、超敏感肌なり美容クリニックなどの医療機関に頼ることになります(^-^;

 


肌の深部まで乾燥

肌の深部にダメージ

乾燥すると肌の深部にある真皮層までダメージを受けます。この状態をインナードライといいます。真皮層にはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸と肌の弾力を維持する細胞があります。インナードライはこれらの細胞が乾燥で奪われてしまうと肌に弾力がなくなりたるんでしまうのです。


たるみの原因は乾燥だけでなく、光老化などもありますが乾燥することによって拍車がかかります!首とフェイスラインがたるみ、境界線がなくなることでブルドッグ顔と呼ばれる老化肌になってしまいます。

 


細かい小じわ

紫外線が原因の小じわ

乾燥によるしわで多いのが小じわです。スキンケアをした直後は目立たないのにお昼過ぎに鏡で顔を見ると細かいしわができている事ありませんか?

それが小じわです。

小じわは主に肌の表層の乾燥が原因です。日焼けで肌の調子が悪くなった場合は小じわが現れ始めます。日焼けしてしまった日から1週間は入念に保湿をしましょう。

 


乾燥から肌を守る

乾燥から肌を守る

1年中乾燥しやすい私たちの肌は常に保湿をすることが大切です。特に夏から秋にかけては乾燥のきっかけとなる時期なのでいつもより念入りに保湿をする必要があります。最近ではお手軽に保湿をしたい人におすすめの亜麻仁油を使用したセレブ油が人気があります。セレブ油は食事と一緒に食べる事の出来る油です。


ココナッツオイルやえごま油などオイルブームですがセレブ油に含まれる亜麻仁油は、これらの油の中で亜麻仁油にだけDHAが含まれています。DHAは健康的にはもちろんアンチエイジング効果やダイエット効果があるので他のサプリメントを飲む必要がありません。

セレブ油一つで美と健康の維持が出来るのでいつものケアにプラスしてみてはいかがでしょうか♪


また、仕事が忙しくて家に帰ったら何もしたくない人や、スキンケアに自信がない方はエステで乾燥肌対策をしてもらうのもアリかもしれませんね(^^)/
エステならその時々の肌の状態を入念にチェックしてくれるので肌トラブルを最小限に抑えることが出来ます。

このサイトでも紹介しているエバーグレースは小顔と保湿が同時にできるエステがあります。肌質に合わせてコスメを選んでくれるので安心してお任せできると思いますよ♪

 


まとめ

乾燥肌対策まとめ

乾燥肌のきっかけは夏の紫外線にあるということはお分かりいただけましたか?
夏の紫外線をどうお手入れするかであなたの肌質は変わります。紫外線の影響が、湿度が低くなる冬に現れます。日焼けをしたらいつも以上に保湿をすることと、日常的に身体の中からケアをすることが紫外線のダメージを最小限に抑えるポイントです。


今回は乾燥の原因が夏の紫外線という点に絞って紹介しました。紫外線は乾燥以外にもシミを作り出したり、ニキビの原因になることもあります。紫外線の影響は「シミだけじゃない?紫外線対策をした方がいい本当の理由」のページでも紹介しています。

 

 

紫外線の恐ろしさを知ることはできましたか?
この記事が参考になったらぽちっとしていただけると嬉しいです♪
↓   ↓   ↓

↓「いいね!」で更新情報がチェックできます!↓

Comments are closed.