シミだけじゃない?紫外線対策をした方がいい本当の理由

紫外線は全ての老化の
引き金になっているのを
ご存知ですか?

放っておくとシミだけじゃなく
肌が敏感になってしまうこともあるほど私たちの肌に影響します。

紫外線は肌にとって大敵!
といわれていますが
具体的に何がいけないのかご存知ですか?

紫外線で肌への害というと一般的には「シミ」があげられます。
ですが、シミ以外にも
紫外線がもたらす肌への影響はたくさんあります。

紫外線は皮膚の細胞そのものにダメージを与えてしまうのです。
ダメージを受けた細胞から生まれる皮膚は
もろく、弱い皮膚になってしまうのです。

紫外線の正しい防ぎ方

そんなか弱い皮膚にならないよう
紫外線の仕組みと正しい紫外線の防ぎ方を
しっかりとお伝えします!!


 


紫外線A波

紫外線A波は紫外線の95%を占める波長です。A波は波長が長くエネルギーが弱いことが特徴です。
エネルギーが弱い反面じわじわと肌に影響を及ぼします。紫外線を浴びると肌の細胞がつくられるメラノサイトという細胞が刺激をうけます。刺激を受けたメラノサイトはメラニンという物質を過剰に分泌してしまうのです。このメラニンは通常肌のターンオーバ(細胞の生まれ変わり)によって排出されますが、ターンオーバの乱れがあると皮膚内部に蓄積されます。蓄積されたメラニンが皮膚表面に現れやがてシミとなるのです。日焼けをしたその日にヒリヒリさせるのではなくにじわじわと肌を黒くするのがA波です。
 


肌の若さの象徴ぴんとしたハリを奪う

ハリを失った肌

肌深部にある真皮層にはコラーゲンやエラスチンといった潤い、ハリ、弾力を保つのに重要な細胞があります。コラーゲンやエラスチンを変質させてしまうのが紫外線A波です。深部にまで届いたA波は活性酸素を生み出します。活性酸素は肌を酸化(肌さび)させる酸素です。活性酸素がコラーゲンやエラスチンを変質させてしまいます。
コラーゲンやエラスチンが変形すると肌の弾力はなくなりしわ、たるみの原因になります。

活性酸素についてはこちらのページで紹介しています。
 


窓ガラスを通過する

A波は波長が長くエネルギーが長く届くため、窓ガラスやカーテンを通過します。車の中や部屋の中にいるから大丈夫と紫外線ケアを怠っているあなた!危険です!
ちょっと近所にお出かけするときでも必ず日焼け止めは塗ってくださいね。
対策としては紫外線カットのカーテンを使用することや化粧をしなくても日焼け止めを使用してください。朝のスキンケアは化粧下地や、日焼け止めを塗るまでが大切です。

 


紫外線B波

紫外線B波は地上に到達する5%ほどしか占めていません。ですが、エネルギーが強く皮膚へのダメージは強いことが特徴です。A波と同じようにB波もメラノサイトを刺激し、メラニンを過剰に分泌させます。一般的に日焼けをしてヒリヒリしたり赤くなることを「サンバーン」といいます。サンバーンは紫外線B波の影響です。B波は皮膚表面を水ぶくれの状態赤くします。
B波は発癌性が高く皮膚癌(メラノーマ)の原因の一つとも言われています。A波もB波ほどではありませんが発癌性があります。
 


皮膚の表皮に影響を及ぼす紫外線

シミを増やす紫外線

皮膚は表皮の細壊します。表皮にあるミトコンドリアというターンオーバに影響のあるDNAを傷つけます。
DNAが傷つくと正常な細胞分裂ができません。そうするとターンオーバに異常がおきます。ターンオーバに異常が起きるとメラニンを排出できなくなりシミを増やしてしまうのです。

DNAだけでなく細胞が生まれる一番最初の基底細胞という細胞と膜にダメージを与えます。基底膜という基底細胞が滞在するための膜が壊されると真皮層にまでシミの原因であるメラニンを運んでしまいます。
基底細胞がダメージをけると、生まれてくる細胞もダメージを受けて生まれます。紫外線B波を浴びると肌の生まれ変わりに悪い影響を与えます。
 


窓ガラスは通過しない

紫外線B波はうれしいことに窓ガラスやカーテンは通過しません。ですが、直接太陽を浴びることでダメージを受けるので外出時にはしっかり日焼け対策を取りましょう。
特に海水浴やスキー場では通常より何倍にも増しています。いつも以上に念入りに日焼け対策をしてください。

 


紫外線C波

紫外線C波

紫外線C波は紫外線の中で最も人体に有害な紫外線です。ですがオゾン層に吸収されるため地上には到達しません。
近年ではオゾン層の破壊が進んでいる為、今後地上に届く可能性は否定できません。
C波が引き起こすダメージは主に皮膚癌を引き起こすということが分かっています。具体的にはどれくらいの害があるかわかっていないことの方が多いです。医療機関などでは人工的にC波を作り出し殺菌灯として使用しています。菌を殺菌できるほどの威力のあるC波です。

日差し
ume-y

主に肌への影響は2種類の紫外線から引き起きます。紫外線は目に見えるものではないので「今、浴びているのはA波ね!」なんていう区別はつきません。
その為、常日頃から紫外線対策は意識して行ってください!
「最近シミが増えたな~」と思っている方は要注意です!そのシミはかもしれません。じわじわとダメージを与える紫外線の影響は年月をかけて現れます。
その紫外線が原因で引き起こす老化現象を光老化といいます。老化の80%が光老化といわれています。残りの20%は自然の老化です。
ということは、老化の8割は自分次第で『遅らせることが可能』ということなんです!老化を遅らせる秘密は『インナーケア』だってこと。知っていましたか?

 

「紫外線ってシミだけじゃないのね~」と共感していただけたら嬉しいです♪
少しでもお役に立てたらぽちっとクリックお願いします。
↓   ↓   ↓

 

↓「いいね!」で更新情報がチェックできます!↓

Comments are closed.