光脱毛とは

彼の腕に触れたとき
「痛てっ!」なんて言われたこと
ありませんか?

「ジョリジョリしてる~」なんて言わせちゃだめですよ!

エステの脱毛でジョリジョリ肌からつるつる肌になりましょう♪

剛毛だった毛がなくなることで
肌が白く見える美白効果や美肌効果も得られちゃう
一石二鳥の光脱毛について紹介します。

 


光脱毛の特徴

光脱毛は可視光線という目に見える光と使用してムダ毛を除毛、減毛する脱毛方法です。この光は刺激が少ないので肌への影響を最小限に抑えられます。
今でもエステサロンの広告で『永久脱毛』といっていますが、サロン脱毛で永久脱毛はできません。永久というのは50年以上を意味するので、エステの脱毛はほとんど毛の生えてこない状態にする『半永久脱毛』です。それでも脱毛完了後はツルツルの肌をキープできます。光脱毛は毛質、部位によって光の出力を調整できるので刺激や肌への負担を最小限に抑える事ができるのです。
 


脱毛ができる範囲

脱毛の施術ができる範囲 

脱毛ができる範囲は毛のある部位全てです。全ての毛を脱毛する全身脱毛や、ビキニラインからヒップにかけてのVIOゾーンと呼ばれる部分的に脱毛をすることもできます。
特にVIOゾーンの脱毛は抵抗がある方が多いですが、ワキ脱毛と同じくらいみなさん気にされています。VIOゾーンの脱毛をしたことによって、「子供にプール連れてってと言われても準備が楽になった」という声や「生理の時の不快感が減った」と脱毛をして良かったと思っている方がほとんどです。デリケートな部位こそベテランスタッフが担当してくれるので安心して施術することができますよ。

 


施術方法

  1. 肌表面のムダ毛をカットする
  2. 光の熱を感じにくくする為にジェルを塗る
  3. 光を照射する 照射した部位をクールダウンさせる(冷たいタオル等で冷やす)
  4. 肌のほてり感や炎症を抑える為に専用のクリームで肌を整える

脱毛の施術時間は部位によって異なります。 わきの脱毛でしたら10分程度です。全身の脱毛をする時は半身ずつ分けて施術します。 半身で1時間半から2時間ほどの施術時間です。施術をする時は専用のワンピースガウンと使い捨ての下着に着替えます。施術箇所によって仰向け、うつぶせの状態での照射です。光を照射するときはカメラのフラッシュのような光を照射するのですが、目元専用のサングラスやタオルで隠すのでまぶしさを感じることはありません。光が当たる時にほのかに暖かさを感じる程度の刺激がありますが、慣れてくるとウトウトしてしまうくらいの心地よさです。

 


毛周期

毛周期の説明

光脱毛は毛周期に合わせてエステに行きます。 私たちの体毛は毛周期によって生え変わっています。 光脱毛では体毛が成長した成長期の毛に光を照射します。
体毛は全てが同じ周期で成長しているわけではありません。
その為2年ほどの期間をかけて成長期の毛に光を照射し続けます。脱毛が完了するまでに1年から2年間ほど脱毛を続けます。1年から2年ほど時間がかかるのは肌への負担が少ない光を使用しているからです。

 


毛の仕組み

毛周期と回数の説明


脱毛機の光は黒いものに反応するように作られています。
施術後の毛の変化は次の通りです。

  1. 光の熱で毛根を刺激
  2. 毛根が刺激された毛は1週間ほどで抜け落ちる
    ※成長期の段階の毛はよく抜けます。それ以外の毛は抜けが悪いこともあります。
  3. 約3週間ご刺激された毛根から弱った毛がはえる
  4. 2か月後同じく照射をする

脱毛はホルモンバランスの影響で左右されます。よく抜ける人もいれば、1年ほどたってようやく抜ける人もいます。傾向として、ムダ毛が濃ければ濃いほど抜けが良いです。
一連の流れを2か月に1回2年間(12回)続けます。脱毛が終了した状態は、毛が完全になくなるわけではありません。赤ちゃんのうぶ毛のような肉眼では分からないほどの体毛になります。

 


注意点

注意すること

※脱毛の施術は健康状態が良い時に行います。 健康状態が良くても以下のようなときには施術ができません。

  • 脱毛部位が炎症、日焼けをしたとき
    光は黒いものに反応します。日焼けをした黒い肌は毛と肌の判別がつきにくく脱毛効果が半減します。 日焼けの状態がひりひりとほてり感があるときはその日は施術できません。施術を1,2週間見送ることもあります。傷、炎症がある場合はその範囲を避けてひることもあります。口唇ヘルペスなど人に感染する可能性がある時は施術できません。
     
  • 薬を服用しているとき
    ホルモン系の薬を服用している場合は脱毛効果が出にくいです。脱毛はかなりホルモンバランスや自律神経の乱れが影響します。それでも脱毛したい場合は抜けにくい事を理解したうえで施術してください。 頭痛などでその時だけ薬を服用した場合は施術は可能です。
     
  • 光アレルギー(紫外線アレルギー)、アトピー、アレルギーなどの皮膚疾患
    脱毛の光は紫外線を含んでいませんが、光に敏感に反応することがあります。皮膚疾患がある場合はかかりつけのお医者様の同意があれば施術することが可能です。病院へ通うほどでない場合はパッチテストで施術ができるか確認することができます。
    パッチテストは皮膚の薄い場所で光や化粧品を試して48時間何も起きなければ肌に影響がないか判断するテストです。
     
  • 肌が色素沈着、黒ずみがある
    色素沈着とは何らかの摩擦で皮膚が黒ずむ、傷などが跡として残る事を言います。色素沈着をした部分は日焼けと同じです。
    肌と毛の判別ができずに効果が半減してしまいます。

 


日常的に気を付ける事

日常的に気を付ける事

※健康的な皮膚は日常のケアの仕方で良くも悪くも左右されます。

  • 日焼けをしないよう注意する
    先ほども伝えたとおり日焼けは脱毛において天敵です。日焼け止めを使用するなど、日焼けには注意してください。
     
  • 保湿ケアをする
    肌が乾燥しているちと赤みが出てしまったり、抜けにくいといった脱毛トラブルが起きてしまう可能性があります。脱毛後は特に赤みやほてり感が出やすいです。ホルモンバランスの影響、肌が乾燥していることが理由として考えられます。ちょっとした体調のの変化でも赤み、ほてり感が発生します。そういったトラブルを防ぐためにはお風呂上がりに欠かさず保湿クリームを塗ってください。乾燥を防ぐことで脱毛効果が表れやすくなったり、肌トラブルをみぜんにふせぐことができます。


回数について

エステの脱毛コースは回数制や月額制です。1回づつの都度払いや、体験コースはありません。基本的なコースは1年間と2年間コースがあります。
1年間は2か月に1回通うので6回です。2年間は12回です。1年間の脱毛の方が回数が少ないので安価です。 その為、多くの方が1年間の脱毛を選ばれます。月額制は決められた金額を毎月支払います。脱毛サロンなどでよく見かけますが、回数が決められている場合と何回でも通える回数無制限の場合があります。サロンによって異なるので月額制コースが気になる時はシステムを確認しましょう。

ですが、私がエステサロンで働いていた時にお客様におすすめしていたのは2年間の脱毛です。
今までたくさんの施術をしましたが、結果を出すには最低でも2年はかかります。1年間脱毛してまたもう1年追加してというお客様を何人も見てきました。だいたいのエステサロンでは1年間の脱毛と2年間の脱毛を1回あたりに計算すると1年間の方が割高です。1回あたりの単価が高い1年間の脱毛をするのであれば最初から2年間脱毛した方がお得じゃないでしょうか?

※来店ペースが3か月以上に1回とお勧めしている脱毛専用サロンもあります。人気な脱毛専用サロンなどは予約が取れなくて次の来店が3か月先になってしまうこともあります。 はっきり言ってそのようなサロンでは結果はでません。

 


費用

光脱毛の費用

20年以上前の脱毛は1か所で何十万もしていました。
現在はその金額で全身の脱毛ができます。
脱毛専用サロンなどでは1000円ほどで脱毛ができてしまいます。
もしあなたがエステサロン選びで安い脱毛サロンと高い脱毛サロンで迷ったら以下の事を参考にしてみてください。

  • 安く脱毛ができるサロン
    何かデメリットがありませんか?
    予約が取れない、勧誘がある、肌の負担を考えずにジェルを塗らない、仕上げにクリームを塗らないなんてことはありませんか?
    デメリットがなければお得なサロンなのでしょう。
     
  • 価格が高めなサロン
    価格が高めなさろんは、高級感を売りにしています。集客したい年齢層は比較的金銭的にも余裕がありそうな年齢を求めているのかもしれません。

 


来店前に注意すること

毛抜きで自己処理をしてしまうと、毛根ごと抜けてしまうので予約した当日に脱毛ができなくなってしまうので気を付けましょう。どうしても自己処理をするなら電気シェーバーが肌へ負担がないのでお勧めします。
エステの選び方はまず、口コミサイトを見る事です!特に光脱毛サロンは口コミサイトが多くあるので口コミを調べてみましょう。口コミでデメリットがなければ優良サロンと言えるでしょう。

 


まとめ

光脱毛のまとめ

エステの脱毛は肌にかかる負担が少ない光を使っています。その為脱毛が完了するまでに1年から2年ほどの時間はかかりますが、低予算で高校生から60代の幅広い年齢層に人気があります。
現在メジャーな脱毛方法は光脱毛ですが、一昔前はニードル脱毛(針脱毛)という脱毛がありました。ニードル脱毛は針を毛穴1つ1本つに刺す施術方法です。ニードル脱毛は光脱毛が主流になる前に流行っていました。その時代は針脱毛が一番効果が出やすく、脱毛効果に優れていたんです。
ですが、針を刺すので痛みもあるし時間もかかるので高額でした。

「脱毛してみたい」と検討中なのであれば、低予算でできるわきの脱毛から始めてみてはどうでしょうか?
脱毛の良さを実感してからほかの箇所も追加で始めている方も多いです。
ただ、脱毛したい箇所がたくさんあって全身脱毛を考えているなら、サロンの無料カウンセリングを受けて全身脱毛からスタートすることをお勧めします。それは、ワキ脱毛をはじめて半年後にヒザ下の脱毛を追加して、その次の月にほかの部位を追加して、と後から追加するとその分長々とエステに通わなければいけなくなってしまうからです。それに脱毛している箇所としていない箇所の毛量の差が出てしまいます。各部位を追加していると結局、全身脱毛と同じくらい料金がかかってしまうこともあるんです。

一通り見える所や、4か所以上脱毛したい場合は全身脱毛が安く、時間もかからないのでおすすめです!

脱毛の選び方のお役に立てたでしょうか?
次のページではおすすめの脱毛サロンランキングを紹介しています

脱毛エステサロン選びの参考にしていただけたら嬉しいです!

 

ついでにこちらの応援もしてくれると嬉しいです♪ぜひぽちっとお願いします!
↓   ↓   ↓

カテゴリ:脱毛について

↓「いいね!」で更新情報がチェックできます!↓

Comments are closed.